日本一周一人旅ソロキャンパーの夏のお洒落なオススメファッションアイテム!!

こんにちは。
ソロキャンプをしながら、
日本各地を一人旅しているfu-miです。

重いバックパックを抱えてただでさえ暑い真夏には、できるだけ軽装で疲れにくいアイテムをチョイスしたいところ。
今回は夏の一人旅やソロキャンプでオススメのファッションアイテムを紹介したいと思います。

 

 

・ナイロンハット

 

夏でなくても、帽子はあったほうが良いですが、カンカンに日が照る真夏には必須です!!。
個人的には日焼け防止と取り回しも考慮してナイロン製のハットがオススメです。
夏季は急なゲリラ豪雨が良く襲います。
これがあれば雨が降っても気にせず、邪魔にもならずに、常に被っときたいアイテムです。

 

・KEEN  ユニーク スライド サンダル

 

頭の次は足!

基本的に高温多湿の日本で、靴は蒸れるし向いてないと考えてます。
かといって普通のサンダルでは長時間の歩行や、山道には向いてません。
そんな時にオススメしたいこの サンダル。
サイピングと呼ばれる細かい切れ込みが入っているので裸足で履いてもフィット感は抜群!
グリップ力は安心感が高く
ヒールストラップがないので脱ぎ履きが楽で、裸足で履いてもアウトドア感が強くなりすぎず、スタイリッシュな印象。
オールブラックがデザイン的なのもクールで気に入ってます。

資源の浪費を最低限に抑えるよう、メンズ1足でペットボトル約5本分で作られているので、サスティナブルなアイテムです。

・ABITAX Tag Light タグ ライト

 

超小型でありながら防水加工のライト。
なにせ重さたったの4gでキーホルダーに付けるにはもってこいの
大きさでありながら、明るさも予想以上に明るい!!。
デザイン、性能ともにとても優れたアイテムです。

 

・本藍染の手拭い

 

このソロキャンプで必須な小道具と省くモノリストでも紹介しましたが、手拭いは間違いなく個人的に必須のアイテム!。

 

移動中は首に巻いとき、汗をふいたり、
湿らせて、身体を拭く事も可能。

雨が降った時の撤収の際にテントを吹いたりと、多用途に渡って使用できます。
そしてタオルと違い、速乾性があるのが、
なんとも素晴らしい!!。

使った後は、バックパックに結んだり、テントに吊るしておけば、2.3時間あればすぐに乾きます。

特に日本古来からの本藍染の手拭いは、抗菌性もあり、おすすめです。

 

以上夏に長旅をするのにオススメなアイテムでした。

 せっかくの長旅、お気に入りのアイテムと一緒に夏を乗り切りたいですね。

 

© 2021 RE:MODERN